So-net無料ブログ作成

北日本中心に暴風、大雪=東北に低気圧、交通に影響−6日も続く見込み・気象庁(時事通信)

 日本列島は5日、東北地方付近にある二つの低気圧の影響で、北海道と東北の北日本ほぼ全域に加え、山陰から北陸の日本海側を中心に非常に強い風が吹き、雪が降った。鉄道や航空、高速道路などの交通にも影響が出た。大荒れの天気は6日にかけて続く見込みで、気象庁は暴風や大雪、高波に警戒を呼び掛けた。
 JRは東北線で65本、越後線で47本が運休するなど各地で特急や普通列車のダイヤが大幅に乱れた。全日空は鳥取、新千歳などを発着する7便、日本航空は4便が欠航した。高速道路は道央道の一部区間が通行止めとなった。
 二つの低気圧は5日夕、秋田県付近と三陸沖にあり、6日朝に北海道の南東海上で一つにまとまってさらに発達する。日本付近には寒気が流入し、冬型の気圧配置が強まる。山陰から東北の日本海側と北海道では7日も大雪の恐れがある。
 6日午後6時までの24時間予想降雪量は、多い所で、北海道のオホーツク海側が80センチ、北海道太平洋側と東北日本海側、山陰が60センチ、群馬県が50センチ、北陸と長野、岐阜両県、近畿北部が40センチ。
 北海道、東北では沿岸と海上を中心に風が強く、予想最大風速は陸上で18〜20メートル、海上で20〜25メートル。波の高さは7メートルの大しけとなる。 

【関連ニュース】
【動画】アクアライン探検隊、出動!
年末年始の交通・冬山情報〜東名、九州道で45キロ渋滞も〜
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
民主党が抱えこんだ「JAL再生」という地雷
〔写真特集〕ウェザーフォト・気象の写真

にしじまとうさく
まさしのブログ
クレジットカード現金化 比較
携帯ホームページ
アフィリエイト ホームページ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。